ルールを使った検証

ルールが完成して終わりではありません。

当然、そのルールに慣れて使いこなせるようにならないといけません。

ルールが持つ特徴を理解し使いこなすことで、独自の相場観が養われます。

ルールを身体に刷り込む事

自分なりのルールが出来たら、チャートを見てスグに判断できるようにルールを刷り込みましょう。

身体が反応するレベルまで落とし込む事を前提に、数を多くこなすことです。

一貫した視点でチャートを見続ける事で、そのルールが持つ癖を理解する事ができ、勝ち易いチャート、負け易いチャートも掴めるようになります。

この検証は何百回と言わず、千回万回といくらでも回数を重ねていいでしょう。

ただ漠然と回数を重ねるのではなく、上位足を含めて優位性を探しながらくり返し検証します。

チャートを印刷する場合にも、上位足を含めた複数足を印刷して、分析と検証をくり返します。

MT4を使ったテスターで検証している場合は、ReportManagerなどで損益曲線を出力し、きれいな損益曲線が描けているか?曲げている部分ではどんなトレードになっているのか?を見直しながら進めましょう。

いざ実践のトレードをする時にブレがないように、迷わず行動できるように、自分で作ったルールはしっかり身体に刷り込ませる事が大事です。

コメントを残す

このページの先頭へ