勝つ方法は無いと知り、負け方を管理し、トータルで勝つ

FXトレードで利益を残せるようになるためには、負けを管理する事。

つまり、トレードに掛かるコストをトレーダー自身がしっかり把握し、安定したトレーディングを日々くり返す事にあります。

コストを管理されたトレードをくり返すことで、相場が大きく動いた時に利益が残る、つまり、利益は相場がもたらすものであり、相場が動き出さない限りトレーダーは利益を得る事はできません。

勝つ方法を検証から探しだそうとすると、抜け出すことのできない検証スパイラルに陥ることになります。

トレーダーが相場で出来る事といったら、前述したとおり負けを管理する事、コストを管理する事だけです。

つまり、大切なのはコストを管理しながら待つ事。利益をもたらす動きに相場がなるまで待つ事です。

コストが管理されたトレードを何度もくり返した結果、相場が動いた時にコストを上回る利益が残る。

そしてトータルで勝つ事ができる。それがトレーダーの仕事です。

勝てるインジケーターを探す、勝てる手法を探す、それをくり返しても決して見つからないでしょう。

勝つ方法だけに着目してしまうとトレードで一番大切な、負けだけが唯一管理できるという事に対して盲目になってしまいます。

逆に、勝てる方法だけを探し続けて、トレードの世界にはそんなものはないと知る事。

その経験を自分でする事で、本当の意味で納得がいくのかもしれません。そういった観点でも、検証でたくさんのトレード経験を積むことは、強いトレーダーになるためには重要な事なのでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ